ツアー (Tours)

スナイフェルス国立公園 Snæfellsnes Natioanl Park (AH38)

レイキャヴィークからもその姿をはっきりとみることのできるスナイフェルス氷河(Snæfellsjökull)はスナイフェルス国立公園(Snæfellsnes Natioanl Par)として美しい自然が保護されているだけでなく、ジュール・ヴェルヌの「地底探検」の舞台となった有名な火山として知られています。

ロイガヴェグル・トレッキング Laugavegur/Highlights of the Highland (HOH)

アイスランド内陸部の自然を楽しむランドマンナロイガル(Lanndmannalaugar)からソルスモルク(Þórsmörk)まで続く55kmのロイガヴェグル・トレッキングルート(Laugavegur trekking)は変化に富んだ美しい自然で知られ、アイスランド人であればだれもが1度は歩きたいルートとなっています。

フィムヴォルズハゥルス縦走 Volcano Alley (VA)

アイスランドで人気のトレッキングコース、フィムヴォルズハゥルス縦走を1泊2日で楽しめるお勧めコース。レイキャヴィークからの往復も含まれています。フィムヴォルズハゥルス(Fimmvörðuháls)はエイヤフャトラ氷河(Eyjafjallajökull)とミィルダルス氷河(Mýrdalsjökull)の南アイスランドの2つの氷河の間を通りスコゥガル(Skógar)とソルスモルク(Þórsmörk)を行く約25kmのアイスランドでも屈指の人気を誇るトレッキングコースです。

シンクヴェトリルダイビングとゴールデンサークル Silfra Diving & Golden Circle (DSG)

透明度の高いことで世界的に知られている湖、シンクヴァトラヴァトン(Þingvallavatn)でのダイビングアイスランドにアイスランドの人気ツアー、ゴールデンサークル(Golden Circle)をセットにしたお得ツアー。アイスランドでダイビングとなれば不思議に感じてしまいます。

シンクヴェトリルダイビングとケイビング Silfra & Caving (DSC)

世界遺産シンクヴェトリル(Þingvellir)は現存する世界最古の民主議会が発足した場所だけでなく、大陸プレートの境界としても知られています。普段のツアーでは見ることのできない、割れ目ギャウ(Gjá)の水中での景色と地底に広がる洞窟の2つを楽しむことができます。

ロイガヴェグル・トレック The Laugavegur Trek (IMG31)

ロイガヴェグル・トレックはランドマンナロイガル(Lanndmannalaugar)からソルスモルク(Þórsmörk)まで続く55kmのレッキングルート(Laugavegur trekking)で、アイスランド内陸部の変化に富んだ美しい自然を楽しめることで知られている。アイスランド人であればだれもが1度は歩きたいルートとなっています。

ソルスモルク・フィムヴォルズハゥルス Þórsmörk/Fimmvörðuháls (IMG35)

2010年にヨーロッパはもとより世界各地の航空機の運航に支障をきたした火山噴火を起こした火山のあるエイヤフャトラトラ氷河Eyjafjallajökull)横をアイスランドの秘境、ソルスモルク(Þórsmörk)から2泊3日のトレッキングコースです。特別な経験がなくとも楽しむことのできるアイスランドで人気のトレッキングコース、フィムヴォルズハゥルス縦走となっています。

ミィヴァトン(ミーヴァトン湖)大自然 Natural Wonders and Lake Mývatn (ENM)

美しい自然に満ちあふれるミィヴァトン(ミーヴァトン湖)(Mývatn)はアイスランドでも人気の旅先として知られています。レイキャヴィークからフゥサヴィークへの往復の飛行機がついたエアーツアーとなっています。今なお活発な火山地帯でもあるミィヴァトン周辺は火山と地熱活動によちり独特の景色を造りあげています。

ホエールウォッチング フゥサヴィーク Whale Watching Húsavík (EWH)

夏の一時、多くの旅行者でにぎわう北アイスランド。アイスランドだけでなくヨーローッパでも高い観測率を誇るフゥサヴィーク(Húsavík)でのホエールウォッチングをレイキャヴィークからのエアーツアーで楽しんでいただけます。レイキャヴィークから空路でフゥサヴィークへ、まずは3時間のホエールウォチング。

アイスランドハイキングパス Hiking Passport (HP)

アイスランドきってのトレッキングルート、ロイガヴェグル(Laugavegur)とフィムヴォルズスハゥルス(Fimmvörðusháls)を自由に楽しめるバスパス。

ページ